85歳の昭和天皇、戦争責任なお苦悩 側近に心情吐露

08/23 02:07 , 08/23 02:42 更新

昭和天皇

■元侍従の小林氏、日記に記す

 昭和天皇が85歳だった1987年(昭和62年)4月に、戦争責任を巡る苦悩を漏らしたと元侍従の故小林忍氏の日記に記されていることが分かった。共同通信が22日までに日記を入手した。昭和天皇の発言として「仕事を楽にして細く長く生きても仕方がない。辛(つら)いことをみたりきいたりすることが多くなるばかり。兄弟など近親者の不幸にあい、戦争責任のことをいわれる」と記述している。

→故小林侍従の日記の詳報はこちら(ログインが必要です)

 日中戦争や太平洋戦争を経験した昭和天皇が晩年まで戦争責任について気に掛けていた心情が改めて浮き彫りになった。小林氏は昭和天皇の側近として長く務め、日記は昭和後半の重要史料といえる。