池江100バタも金で4冠 アジア大会競泳(21日)

08/21 22:40 , 08/22 08:46 更新

女子100メートルバタフライで優勝し、表彰式で手を振る池江璃花子。今大会四つ目の金メダルを獲得した=ジャカルタ(共同)

 競泳の女子100mバタフライは池江璃花子が56秒30の大会新記録で優勝し、今大会四つ目の金メダルを獲得した。女子400m個人メドレーは大橋悠依が4分34秒58で優勝し、清水咲子は3位。男子200m平泳ぎは小関也朱篤が2分7秒81で制し、0秒01差の2位に渡辺一平が入った。

 男子の400m自由形は江原騎士が3分47秒14で2位、萩野公介は3位に終わった。50m自由形は中村克が22秒20で2位、中尾駿一が3位に入った。

 女子の800mリレーは日本(五十嵐、池江、大橋、白井)が7分53秒83で2位だった。(共同)