木古内で「夏休み鉄道イベント」 写真展やトロッコ運行

08/21 05:00

町郷土資料館「いかりん館」で、鉄道写真を見る観光客

 【木古内】青函トンネル開業30周年や北海道新幹線開業2周年にちなみ、町鶴岡の町郷土資料館「いかりん館」などで「夏休み鉄道イベント」が開かれ、道内外の観光客でにぎわっている。

 いかりん館では、かつて津軽海峡線を走った「ドラえもん海底列車」などの写真45点を展示。町出身で函館在住の鉄道愛好家、中山博康さんが撮影した。道南いさりび鉄道(いさ鉄、函館)「ながまれ号」や、北海道新幹線H5系のペーパークラフト作り体験も行っている。いずれも無料で、9月9日まで。