訪日客、最速で2千万人突破 18年、昨年より1カ月早く

08/20 16:29 , 08/21 03:09 更新

3月、東京・上野公園を訪れた外国人観光客

 【弟子屈】菅義偉官房長官は20日、視察先の釧路管内弟子屈町で記者団に対し今年、日本を訪れた外国人旅行者が今月15日に推計で2千万人を突破したことを明らかにした。過去最速だった2017年の9月15日よりも1カ月速いペース。

 菅氏は、安倍政権発足以来、観光を地方創生の切り札として推進してきたとした上で「特にこの北海道では(17年の)外国人延べ宿泊者数が東京、大阪に次いで770万人に上り、インバウンド(訪日外国人客)で大きな成果を上げている」と強調した。

 17年の訪日客は年間で2869万人だったが、観光庁が既に公表した今年1~7月の訪日客数は前年同期比13・9%増の1873万900人で、年間3千万人を上回るペースだ。