レバンガ新加入の市岡「ハッスルプレーを」

08/14 05:00

記者会見で抱負を語った市岡ショーン

 レバンガ北海道に新加入した市岡ショーンが13日、札幌市内で記者会見し、「ハッスルプレーでチームに貢献したい」と抱負を語った。

 市岡は日本人の母と米国人の父を持つ日本国籍選手で身長198センチのパワーフォワード。三河に所属した2016~17年シーズンを最後に一時競技を離れ、慢性的な痛みに悩まされていた両膝の治療に専念した。

 レバンガはゴール下からの得点力とリバウンドの強化を期待しており、市岡も「ブロックやリバウンドでリーグのトップ10に入りたい」と話した。(安房翼)