特攻隊員の肖像画見つかる 洋画家・小磯良平作

08/09 21:22 , 08/10 10:21 更新

小磯良平が描いた油彩肖像画「故谷川大尉像」(神戸市立小磯記念美術館提供)

 神戸市立小磯記念美術館は9日、昭和を代表する洋画家の小磯良平(1903~88年)が、太平洋戦争で戦死した特攻隊員を描いた肖像画「故谷川大尉像」が神戸市内の隊員親族宅で見つかったと発表した。同館は「著名画家による特攻隊員の油彩肖像画は珍しく、時代背景を伝える歴史的価値がある」としている。

 モデルは44年11月26日、フィリピンのレイテ湾に特攻で出撃して23歳で亡くなった陸軍の谷川昌弘大尉。同館や親族によると、谷川大尉は大阪市生まれの初めての陸軍特攻隊員として知られた。戦死後、行政関係者が小磯に制作を依頼したとみられる。