社員休業の負担補償、東京海上 中小企業向けの特約

08/07 16:58

 東京海上日動火災保険が、がんや家族の介護で社員が休業する際に企業負担分の社会保険料を補償する特約を10月に発売することが7日、分かった。休業する社員の代わりとなる派遣社員らを探す求人費用も支払う。企業の負担が軽減し、仕事と治療の両立支援が充実することで働きやすい環境につながるという。

 今回の特約は、中小企業向けの保険に付帯して販売。企業が支払う厚生年金や介護保険などを1人当たり200万円まで補償する。保険料は業種や会社の規模で異なり、売上高1億円の製造業や小売業は月額1650円となる。