日大・田中理事長の辞任求めず アメフット問題の第三者委員会

07/30 13:07 , 07/30 13:27 更新

 日本大アメリカンフットボール部の悪質反則問題を調査している日大の第三者委員会が、学校法人トップの田中英寿理事長に対して辞任を求めない方針であることが30日、関係者への取材で分かった。第三者委の勝丸充啓委員長らが同日午後6時から東京都内で最終報告の記者会見を行う。

 7人の弁護士で構成される第三者委は6月下旬の中間報告で、内田正人前監督や井上奨前コーチの反則指示を認定。一部の日大関係者が介入し「事件のもみ消しを図ろうとした」と断じた。その後は事件の背景の究明や大学本部のアメフット部に対するガバナンス(組織統治)体制の検証などをしてきた。