囲碁の井山が本因坊7連覇 山下破り、全七冠堅持

07/01 19:52

井山裕太本因坊

 囲碁の第73期本因坊戦7番勝負の第5局は6月30日と7月1日、福島県会津若松市で打たれ、井山裕太本因坊(29)が228手で挑戦者の山下敬吾九段(39)=旭川市出身=に白番中押し勝ちし、対戦成績4勝1敗で7連覇を達成、全七冠を堅持した。

 井山本因坊は昨年10月、名人を奪還して2度目の全七冠独占を達成。今回は王座、天元、棋聖、十段に続く五つ目の防衛となった。次の防衛戦は碁聖戦5番勝負で、挑戦者の許家元七段(20)が先勝しており、6日に第2局が行われる。

 また、井山本因坊は七大タイトルの通算獲得数が41となり、趙治勲名誉名人が持つ最多記録の42にあと一つと迫った。