「若者の消費離れ」本当? 20代「モノよりコト」 「好き」には惜しまず/海外旅行、割合横ばい

06/06 17:00

はつみさん(右)といくみさんが大事にする日本ハム選手のグッズ。合宿所で声援を送り、札幌ドームに向かった

 「消費低迷の一因に、『若者の○○離れ』もありそうだ」―。この10年ほど、テレビや新聞でよく見るフレーズだ。20代の自動車保有率は2割以上減少、海外旅行者数は4割近く減ったというデータもある。今の若者は「スマホ、ネットばかりで内向き」と表現されがちだが、モノの消費より体験などのコト消費を重視する、との見方もある。社会情勢の変化や人口の推移も踏まえ、考えた。

 「来た!」。6月2日午後1時半、プロ野球日本ハムファイターズの札幌合宿所(東区)。札幌ドーム(豊平区)へ向かうタクシーに乗り込む若手選手たちを見て釧路市の会社員はつみさん(29)=仮名=が声を弾ませた。お目当てはこの日の先発、浦野博司投手。札幌の専門学校時代の先輩で旭川の会社員いくみさん(31)=同=と午前10時すぎから出待ちしていた熱烈なファン「ハム女子」だ。