働き方改革法案の狙いは 時間外労働に上限規定 専門家「規制緩すぎる」

2017/11/29 17:00

 広告大手電通の違法残業事件を機に「働き方改革」を進める政府は、時間外労働の上限規制や「同一労働同一賃金」の導入などを柱とした関連法案を、年明けの通常国会に提出する見通しだ。法案の焦点を整理するとともに、道内で厳しい労働環境に苦悩する人たちの声を聞いた。

 働き方改革関連法案は労働基準法や労働契約法など計8本の法案を一本化。当初は今秋の臨時国会での成立を目指していたが、急な衆院選などで断念。政府・与党は2019年4月施行に向けて、あらためて準備を進めている。