⇒北海道新聞パスポート利用規約へ

どうしん電子版会員規約

第1条 定義

本規約はどうしん電子版会員に適用されます。どうしん電子版会員と閲覧可能ウェブサイトとの関係、用語の定義は以下の通りです。

(1)どうしん電子版会員と閲覧可能ウェブサイトとの関係

(2)用語の定義

「どうしん電子版」~北海道新聞の定期購読者とそのご家族(以下、総称して「購読者」といいます)のうち「どうしん電子版読者会員」または「家族会員」(以下、総称して「どうしん電子版会員」といいます)の登録をした方を対象に、株式会社北海道新聞社(以下「当社」といいます)が運営し提供するインターネット上のウェブサイトです。日刊新聞「北海道新聞」(以下「北海道新聞」といいます)の記事等のコンテンツの閲覧などの利用ができます。購読者以外の方は、どうしん電子版会員限定のコンテンツや付随するサービス(以下「電子版会員限定コンテンツ等」といいます)を除く、どうしん電子版の一部を閲覧することができます。
「北海道新聞パスポート会員」~当社が提供する個人認証・課金決済サービス「北海道新聞パスポート」(以下「パスポート」といいます)に登録した方のことです。登録すると、どうしん電子版の一部と、電子版会員限定コンテンツ等の一部を無料で閲覧できるほか、別途利用料金を支払うことで、「どうしん電子版」の一部の有料コンテンツを購入し、閲覧するなど、当社が提供する有料サービス(以下「有料サービス」といいます)を利用することができます。どうしん電子版会員に登録するときには、パスポートの登録が必要です。
「どうしん電子版会員」~購読者のうちパスポートの登録をして、当社に「どうしん電子版」会員の登録を申し込み、当社が認めた方です。

第2条 どうしん電子版会員

1.「どうしん電子版会員」(以下「電子版会員」といいます)は、以下の各号に定める「読者会員」と「家族会員」の2種類があり、電子版会員は、本規約に基づき、どうしん電子版を利用することができます。

(1)「読者会員」~北海道新聞の定期購読契約を締結した本人で、読者会員として登録が認められた方

(2)「家族会員」~読者会員と同居している家族で電子版会員としての登録が認められた方を「家族会員」といいます。

2.読者会員とは、第5条に定める方法によってどうしん電子版会員の登録を申し込み、当社がそれを承諾し、読者会員として登録された個人とします。当社の承諾をもって、当社と読者会員との間に、第3条に定める本規約に基づきどうしん電子版の利用契約(以下「本契約」といいます)が成立するものとします。

3.読者会員として電子版会員に登録されるためには、①北海道新聞を定期購読していること②個人のメールアドレスを所有していること③原則として北海道内に居住していること―が必要です。登録を申し込む時点で北海道新聞を定期購読していない場合、北海道新聞の定期購読を同時に申し込む必要があります。

4.登録申し込みが行われた後、読者会員としての登録が承認されるまでの審査・手続きの期間、登録申込者は「仮会員」として取り扱われます。登録手続き中会員は、どうしん電子版のコンテンツ、サービスの利用を一部制限される場合があります。読者会員としての登録が承諾されるまでの期間は、登録申込者ごとに異なります。当社は、これに係る個別の事情、経緯、理由を開示する義務を負いません。また、当社は、この承諾可否の見通し、審査状況等について問い合わせに応じません。

5.家族会員として登録する場合も、個人のメールアドレスが必要です。家族会員の登録は、読者会員の登録申込者による家族会員の登録申し込み後、家族会員自身による確認と情報入力により行われ、当社の手続が完了した時点でその効力を生じるものとします。なお、当社と読者会員との本契約が終了した場合、当社と家族会員との本契約も自動的に終了します。

6.北海道新聞の定期購読契約1件に対し、登録できる読者会員は1人です。

7.同一世帯において、登録できる電子版会員の人数は、読者会員と家族会員を合わせて最大4人とします。同一世帯において、北海道新聞を2部以上購読している場合も、原則、電子版会員は最大4人とします。

8.北海道新聞の定期購読契約は、電子版会員が居住する地域を担当する北海道新聞販売所(以下「販売所」といいます)と締結するものとします。ただし、郵送にてご購読の場合は、当社と定期購読契約を締結します。

9.18歳未満の方が電子版会員の登録を行う際には、保護者(親権者など法定代理人等)の同意を得てこれを行うものとします。当社は、18歳未満の方の登録については、保護者の同意を得てこれが行われたものとみなします。

10.北海道新聞の定期購読を取りやめた場合、同一世帯のすべての電子版会員が、どうしん電子版を利用できなくなります。

11.どうしん電子版の利用および電子版会員登録は個人に限ります。法人やその他の団体による利用・登録はできません。

12.当社は、読者会員の北海道新聞の購読契約の状況について、販売所に問い合わせて、定期的に確認します。その結果、読者会員が北海道新聞を定期購読しておらず、かつ、本契約を解約する手続きを行っていないことが判明した場合、当社は当該読者会員を含む同一世帯のすべての電子版会員との本契約を解約します。

13.当社は、電子版会員が転居した場合に、電子版会員の転居先の情報等を販売所から入手し、入手した情報に基づき本サイトに登録済みの電子版会員の情報を修正することがあります。入手した情報の取扱いは第17条の定めに従い行うものとします。

第3条 規約

1.本規約はすべての電子版会員に適用されます。電子版会員は会員登録の申し込みの際、本規約に同意し、これを遵守するものとします。

2.当社は、電子版会員の了承を得ることなく、本規約およびこれに基づくサービス(サービスの名称や各種の特典を含みます)の内容等を、予告なく新設、廃止、変更することができ、電子版会員はあらかじめこれを承諾するものとします。この場合、当社が電子版会員に提供するサービスの利用条件は、サービスの内容等を変更した後の本規約によります。

3.本規約およびサービスの内容の変更等は、当社が特に定める場合を除き、どうしん電子版に表示することで電子版会員に通知したものとし、当該表示時点より効力を生じるものとします。

4.前項に定める変更等の表示後、電子版会員がどうしん電子版を利用した場合、電子版会員は本規約またはサービスの内容の変更等に同意したものとみなされます。

5.本規約やサービス内容等の変更によって生じた電子版会員の不利益に関し、当社は一切責任を負いません。

第4条 電子版会員への通知

1.当社は、どうしん電子版への表示または登録された電子版会員の電子メールアドレスへの電子メールの送信等、当社が適切と判断する方法により、電子版会員に対し随時必要な事項を通知します。

2.前項の通知は、当社が当該通知の内容をどうしん電子版に表示した時点または電子版会員の電子メールアドレスを管理するサーバーに到達した時点をもって効力を生じるものとします。

第5条 登録

1.どうしん電子版会員の登録希望者は、どうしん電子版に掲載されている当社所定の申し込み方法により会員としての登録および利用申し込みの手続きを行うものとし、当社は当該申し込みに対して必要な審査等を行います。

2.当社は、前項の審査の結果、登録希望者が以下のいずれかに該当することが判明した場合、その方の申し込みを承諾せず、拒否することができます。この場合、仮会員としての登録も取り消します。

(1)北海道新聞を定期購読しておらず、かつどうしん電子版の登録申し込みと同時に北海道新聞の定期購読申し込みが行われなかった場合

(2)利用を申し込んだ本人が実在しない場合、または本人の同意を得ないまま本人以外の第三者が本人名義で申し込んだ場合(第三者によるなりすまし行為を含みます)

(3)利用申し込みを重複して行った場合(同一情報の電子版利用者の登録があった場合)

(4)北海道新聞の定期購読契約1件に対し、利用者本人としての登録を複数行った場合

(5)利用申込みの際に当社に届け出た情報に、虚偽の記載、誤記または記入漏れがあった場合

(6)届け出た連絡先に連絡が取れない場合

(7)過去に、規約違反等の理由により当社またはそのグループ会社が提供するサービスの利用を停止させられたり、利用申し込みを断られたりしたことがある場合

(8)反社会的勢力の構成員またはその関係者であることが判明した場合

(9)その他、当社が、合理的事由により電子版会員として認めることが不適当と判断した場合

第6条 利用料金

1.電子版会員によるどうしん電子版の利用料金は新たに発生しません(北海道新聞の購読料に含まれます)。

2.電子版会員は、どうしん電子版の利用に必要となる通信料金、コンピューター、携帯電話等の通信機器にかかる費用を自ら負担するものとします。

第7条 電子版会員からの解約

1.電子版会員は、どうしん電子版に掲載されている当社所定の方法により解約の届け出をすることで、本契約を解約することができます。家族会員の場合は、同一世帯の読者会員の届け出のみでも解約ができます。電子版会員と当社による全ての解約に関する手続きが完了した時点で、 解約の効力が生じるものとします。

2.電子版会員は、本契約の解約が効力を生じた時点をもって、どうしん電子版を利用できなくなります。ただし、解約後も引き続きパスポート会員として登録されます。パスポート会員の退会を希望する場合は、北海道新聞パスポート利用規約第7条に基づき、退会手続を行っていただきます。

第8条 当社からの解約

電子版会員が次のいずれかに該当する場合、当社は、事前に何ら通知することなく当該電子版会員との本契約を解約できるものとします。なお、この解約によって電子版会員だった者が受ける損害について、当社は一切の責任を負いません。

(1)第5条第2項各号のいずれかに該当する場合

(2)第11条に定める禁止行為を行った場合

(3)死亡した場合

第9条 個人認証情報等の管理

第10条 自己責任の原則

第11条 禁止事項

第12条 外部サービスの利用等

第13条 一時的な中断

第14条 サービス提供の終了

本規約第9条ないし第14条は、北海道新聞パスポート利用規約の第9条ないし第14条における「パスポート会員」を「電子版会員」に置き換えた内容とします。

第15条 規約違反等への対処

1.当社は、電子版会員が本規約に違反した場合もしくはそのおそれのある場合、またはその他の理由で当社が必要と判断した場合は、当該電子版会員に対し、以下のいずれかまたはそれらを組み合わせた措置を講ずることがあり、電子版会員はこれに異議なく従うものとします。これらの措置に起因して電子版会員、元電子版会員または第三者が被った損害に関し、当社は一切責任を負いません。

(1)本規約に違反する行為またはそのおそれのある行為を止め、同様の行為を繰り返さないよう要求すること

(2)どうしん電子版および本規約によるサービスの全部または一部の利用を一時的に停止すること

(3)電子版会員との本契約を解約すること

2.電子版会員は、前項第2号に定める利用の一時停止および第3号に定める本契約の解約の措置は、事前に通知することなく行われる場合があることをあらかじめ承諾します。

3.電子版会員が本規約に違反し、または電子版会員の責めに帰すべき事由により当社または第三者に損害を与えた場合、当該電子版会員(当社が本契約を解約した元電子版会員を含みます)は、その損害を賠償するものとします。

第16条 免責

本規約第16条は、北海道新聞パスポート利用規約の第16条における「パスポート会員」を「電子版会員」に置き換えた内容とします。

第17条 個人情報

1.当社は、電子版会員の個人情報について、どうしん電子版に別途掲示する「北海道新聞定期購読に関する個人情報の取り扱いについて」に基づき適切に取り扱うほか、北海道新聞パスポート利用規約の第17条における「パスポート会員」を「電子版会員」に置き換えた上、その内容を遵守します。また、当社は、電子版会員の北海道新聞の購読状況を確認するため電子版会員の個人情報を販売所に提供することがあります。電子版会員はどうしん電子版を利用することにより、それらに同意したものとみなされます。

2.本契約が終了した場合、電子版会員でなくなった者が北海道新聞パスポート利用規約第7条に基づく退会の手続きを行わないときには、当社は引き続き、北海道新聞パスポート会員として、電子版会員だった者の個人情報を保有するものとし、その取扱いは、北海道新聞パスポート利用規約に基づき行います。

第18条 個人情報の開示、訂正等

本規約第18条は、北海道新聞パスポート利用規約の第18条における「パスポート会員」を「電子版会員」に置き換えた内容とします。

第19条 問い合わせ

どうしん電子版および本規約に基づくサービスについての問い合わせは、どうしん電子版内の問い合わせフォームから受け付けます。電話でのお問い合わせは、以下に記載の通りとなります。

【どうしん電子版サポートセンター】
TEL : 0120-889-104
受付時間 平日9:30~17:30
(土日祝日・年末年始は休み)

第20条 専属的合意管轄裁判所

電子版会員と当社の間で、どうしん電子版または本規約に基づくサービスの利用に関連して訴訟の必要が生じた場合、札幌簡易裁判所または札幌地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第21条 準拠法

本規約に関する準拠法は、日本法とします。
平成26年 6月 2日施行
平成27年 1月23日改定
平成28年11月13日改定
平成29年 7月24日改定
ページの先頭へ戻る