札幌再開発マップ

札幌市の中心部のあちこちで再開発が進んでいます。「この空き地には何ができるの?」「あの再開発計画の進み具合は?」-。そんな疑問にお答えする「札幌再開発マップ」を作りました。地図をクリックしてご利用下さい。詳しい情報が載った記事は「関連記事」から読むことができます。各計画は記事掲載時点の情報です。随時更新します。(編集本部 池田大地、足立則明、瀬田石拓未)

6月23日更新

kaihatsu
名称 住所 用途や特徴 時期  
ホテルモントレ札幌 北4東1 北海道新幹線札幌延伸などを見据え、大規模改修するため休館。団体客から個人客中心へと高級化を図る 2022年11月から半年以上

関連記事

パセオ 北6西2 北海道新幹線の札幌延伸に向けた札幌駅工事に伴い、約200店が全店休業 22年9月末、3~6年後に段階的に開業

関連記事

4丁目プラザ(4プラ) 南1西4 老朽化と耐震不足により建物を解体。全68店は営業を終了する。跡地利用は未定 22年1月末

関連記事

ヒューリック札幌ビル 北3西3 ホテルなどが入る高層の複合ビルを検討(地下1階、地上20階建て) 25年6月予定

関連記事

ヒューリック札幌NORTH33ビル 北3西3 オフィスなどが入るビル(地下1階、地上11階建て) 22年6月予定

関連記事

旧イケウチゲート 南1西2 多くは商業フロアだが、一部はオフィスとなる可能性も(地上8階地下1階建て) 5月着工、22年秋にも開業

関連記事

ロイヤルパークホテル 大通西1 11階建て約130室。構造材に道産マツを使用 2021年秋開業予定

関連記事

ホテルオークラ札幌 南1西5 市内中心部に移転新築のため閉館。土地と建物は東京の大手企業が取得 2021年9月20日

関連記事

ほくほく札幌ビル(仮称) 大通西2 飲食などの商業店舗。上層階はオフィス利用 2024年5月利用開始を目指す

関連記事

ピヴォ 南2西4 商業施設、オフィス、ホテルなどの複合ビル 2030年度末までに建設

関連記事

旧ススキノラフィラ 南4西4 イトーヨーカドー、TOHOシネマズ、ホテルなど 2023年冬ごろ開業予定

関連記事

旧イケウチゲート 南1西2 検討中 検討中

関連記事

南2西3(狸小路3丁目地区) 南2西3 低層階は商業施設、高層階は分譲マンションの複合施設(地上28階地下2階)。4~6階には水族館を開業する 2023年春ごろ開業予定

関連記事

北6東3 北6東3 カレス医療センター(仮称)、ホテル、オフィス 2024年4月開業

関連記事

北6東2 北6東2 マンション、ホテル

関連記事

北8西1 北8西1 マンション(道内最高層地上48階)商業施設、劇場、ホテルなど 2023年12月完成予定

関連記事

札幌第一生命ビルディング 北3西4 オフィスや商業施設(13階建て) 2023年春にも開業

関連記事

大同生命札幌ビル 北3西3 オフィス、商業施設「ミレド」 2020年開業済み

関連記事

旧富樫ビル 南2西2 外資系ファンドが複合ビルを建てる見通し

関連記事

北5西1、2(新幹線駅と一体開発) 北5西1、2 高級ホテル、商業施設、バスターミナル。西1の高層ビルは250メートル 2029年秋完成予定

関連記事

北4西3 北4西3 ヨドバシカメラを核とする商業施設やホテル、オフィス。計画案は高層棟220メートル、低層棟60メートル 2020年代中ごろ完成目標

関連記事

大通東2 大通東2 美術館、ホテルなどの複合施設をニトリが整備 2023年度開業目指す

関連記事

大通東1 大通東1 北海道電力本店、ホテル、オフィス、商業施設、バスターミナル 早ければ2029年度開業

関連記事

北海道ビルヂング 北2西4 オフィス核の複合施設を検討 現ビルは22年度中閉館

関連記事

北海道放送(HBC) 北1西5 複合高層ビル(27階建て) 21年着工、23年完成目指す

関連記事

道銀ビルディング 大通西4 隣接する新大通ビルディングと一体開発を検討 30年ごろ完成目指す

関連記事

PR
ページの先頭へ戻る