道新ポケットブック

※表紙をクリックすると読むことができます

道新ポケットブックとは?
  • 2018年11月号

    レパートリーに加えたい 鍋レシピ

    レパートリーに加えたい 鍋レシピ

    冬は熱々の鍋が恋しくなる季節。いろいろな食材が一度に味わえて栄養バランスが良いだけでなく、簡単に出来上がるのが鍋の魅力です。でも、いつも同じ材料や味付けでマンネリになりがちなのが悩みの一つではないでしょうか。本誌では肉や魚、冬野菜、豆腐が主役の鍋をはじめ、家族や仲間が集うこれからの時季にうってつけのパーティー鍋など、いろいろな味を楽しめるレシピを集めました。ぶんぶんクラブのページは「しみじみおいしい お餅の店」。函館の「餅の北屋【五稜郭商店街】」、札幌の「萌えぎ屋」、深川の「ウロコダンゴの高橋商事」、名寄の「道の駅もち米の里☆なよろ お食事 風の寄り道」、帯広の「餅団子工房まる」の5店を紹介。

  • 2018年10月号

    優秀な伝統食品『のり』レシピ

    優秀な伝統食品『のり』レシピ

    おにぎり、すしほか、麺料理の薬味など昔から食卓に欠かせない「のり」。「海の野菜」とも呼ばれ、ビタミンやミネラルなどの栄養素が含まれており、口に入れると磯の香りと豊かなうま味をしっかりと感じることができます。贈ったり、贈られたりする機会も多いのり。おいしく使い切るためにも、のりが大活躍する料理を紹介します。ぶんぶんクラブのページは「街の写真館」。恵庭の「Photo House SENSE NAKAOKA」、釧路の「山口写真館」、佐呂間の「佐々木写真館」、遠軽の「マスイ写真館」、全道にある「スタジオ・アン」の5加盟店を紹介。

  • 2018年9月号

    手間をかけずにしっかりおいしい 麺つゆレシピ

    手間をかけずにしっかりおいしい 麺つゆレシピ

    料理の味付けに困ったら「とりあえず麺つゆ」がお勧め。しょうゆや砂糖、だしなどが入っていて基本となる味が出来上がっているから、麺料理はもちろん煮物や丼物などの味付けも簡単です。今号では手間をかけずおいしく仕上がる麺つゆレシピを紹介します。ぶんぶんクラブのページは「ペットと楽しむ暮らし」。札幌の「ドッグ・チェッカー」、倶知安の「独立棟 ログ貸別荘 アルバータロッジ」、登別の「トレーニングハウス DOG TALK」、室蘭の「ワンワンランド アリス」、新得の「あこペットホテル」の5加盟店を紹介。

  • 2018年8月号

    サカナと2品で まごわやさしい献立

    サカナと2品で まごわやさしい献立

    健康はバランスの良い食事から。「まごわやさしい」は、そのために覚えておきたいキーワードです。「ま」は豆、「ご」はごまというように、この7文字は7分野の食材の頭文字を並べたもの。「さ」は魚をはじめとする魚介類のため、本誌ではサカナ料理と2品で、「まごわやさしい」を網羅できる献立を紹介します。ぶんぶんクラブのページは「自転車を楽しもう」。旭川の「はたサイクル」、札幌の「中の島サイクル」、岩見沢の「有限会社 辰田商会」、苫小牧の「ハローサービス」、登別の「西垣じてんしゃ」の5加盟店を紹介。

  • 2018年7月号

    自分でできる 肩こり・腰痛ケア

    自分でできる 肩こり・腰痛ケア

    日本人の健康に関する悩みの第1・2位にあげられる「肩こり」「腰痛」。日常的になり過ぎていることから、改善を諦めている人も少なくありません。今や性別、年齢に関係なく「国民病」ともいえる肩こりと腰痛。その原因は生活習慣とも関連しています。今号では痛みが起こる仕組みから自分でできる改善方法までを詳しく紹介します。ぶんぶんクラブのページは「夏はやっぱり!アイス」で、上富良野の「深山峠アートパーク 深山アイス工房」、札幌の「GELATERIA Geream」、新ひだかの「みついし昆布株式会社」、士別の「COFFEE&ICE SHOPあいすくりん」、帯広の「広瀬牧場 ウエモンズハート」の5加盟店を紹介予定。

  • 2018年6月号

    言うことなしの実力派野菜 ブロッコリー

    言うことなしの実力派野菜 ブロッコリー

    北海道は国内生産量1位のブロッコリー王国。下ごしらえが簡単で彩りも良く、栄養が豊富な緑黄色野菜のサラブレッド的食材のブロッコリー。味にクセがなく他の素材とも相性が良いため、和洋中さまざまな味付けで楽しめるのも魅力のひとつです。栄養や保存方法、下ごしらえのコツをはじめ、ボリュームたっぷりなおかずやサラダなどバラエティー豊かなレシピの数々を紹介します。ぶんぶんクラブのページは「爽やかな季節! 農場・牧場を楽しもう」で、旭川の「上野ファーム NAYA cafe」、札幌の「洋食居酒屋 こころ」「アリコベール」、新得の「YORKSHIRE FARM」、大樹の「半田ファーム」の5加盟店を紹介予定。

  • 2018年5月号

    北海道の道の駅

    北海道の道の駅

    2015年3月号で特集した後、再び取り上げてほしいという多くの要望に応え、再特集します。地域の特産品が充実しているうえ、土地の食材を生かしたグルメを楽しめるなど、道の駅を目的に出かける人も増えているそう。今回は道内120の道の駅から前号発行以降にオープン、リニューアルオープンした施設を中心に28駅を紹介、他92駅をリストにまとめました。春のドライブシーズンに活用していただきたい1冊です。ぶんぶんクラブのページは「ガッツリとんかつ」で、苫小牧の「とんかつの喜多蔵」、芽室の「ファミリーとんかつの店 あかずきん」、旭川の「とんかつ ひのや」、函館の「函館とんき 大門店」、安平の「めし家 かつとく」の5加盟店を紹介予定。

  • 2018年4月号

    マリネ

    マリネ

    肉、魚、野菜などを酢や油、香辛料などで作る液に漬け込むマリネ料理を取り上げます。マリネは、幅広い料理に使える調理法の一つ。肉類や魚介類をマリネ液に漬け込んで、下味を付けたり、素材を軟らかくしたりすることもマリネと呼びます。主菜にオススメの一品や副菜にぴったりのレシピ、作り置きに便利なメニューも紹介しています。ぶんぶんクラブのページは「春が来た! さあ旅に出かけよう」で、北海道オプショナルツアーズ(株)<ほっとバス>、東武トップツアーズ(株)釧路支店、タビックスジャパン札幌支店、JTB函館五稜郭店、(株)シィービーツアーズの5加盟店を紹介。

  • 2018年3月号

    親子でクッキング

    親子でクッキング

    子どもが中心になって作れるバラエティー豊かなレシピをルビ付きで掲載します。料理をスタートする前にチェックしておきたい点や調理器具の数々を紹介するほか、包丁を使うときの注意事項、材料の切り方の種類についても写真付きでわかりやすく伝えます。親子でキッチンに立ち、楽しくクッキングする際に使って欲しい1冊です。ぶんぶんクラブのページは「日本人のソウルフード そば・うどん特集」で、伊達の「里の茶屋 風土」、札幌の「十割そば ゆう賀」、函館の「手打ちそば処 久蔵」、旭川の「うどん 太三郎」、中標津の「そば処 富貴庵」の5加盟店を紹介。

  • 2018年2月号

    ワンプレートでバランスごはん

    ワンプレートでバランスごはん

    主食やおかずを1枚の皿に盛り付ける「ワンプレートごはん」は、和風、洋風、中華風とおかずを選びません。常備菜を組み合わせると時短になり、盛り付け方や彩りを工夫することで、見た目も華やかな仕上がりになります。組み合わせるメニューによって、バランスの良い食事になるので、日々の献立に取り入れていただきたい食べ方の提案です。ぶんぶんクラブのページは「冬も刺激的に!カレー特集」で、函館の「スープカリー奥芝商店 函館本店~道南でSHOW~」、札幌の「スープカレー gopのアナグラ」、旭川の「クレイジースパイス」、増毛の「喫茶 ポルク」、帯広の「ビスターレビスターレ」の5加盟店を紹介。

  • 2018年1月号

    腸を整える

    腸を整える

    〝第2の脳″ともいわれる「腸」は免疫やホルモンなどと密接に関わりながら、全身の健康に大きな影響を与えています。また近年、腸を健康な状態に保つことは、健やかな心身や美容に効果を発揮するとされ、腸内の環境を整える「腸活」が注目を集めています。生活習慣の中で腸内環境を整え、健康的な毎日を手に入れるのに役立つ内容になっています。ぶんぶんクラブのページは「心もあったかに 冬こそ温泉!特集」で、旭川の「天然温泉 プレミアホテル-CABIN-旭川」、登別の「第一滝本館」、北見の「サロマ湖鶴雅リゾート」、足寄の「芽登温泉ホテル」、音更の「観月苑」の5加盟店を紹介。

  • 2017年12月号

    きな粉

    きな粉

    正月や彼岸など季節の行事食に欠かせない「きな粉」。使い切らずに賞味期限切れになることが多くありませんか。本誌では、そんな「もったいない」を解決してくれるレシピを紹介します。ハンバーグや鶏のから揚げなど「いつものおかず」に加えるだけでおいしさが増したり、ふりかけやドレッシングなどの常備品、クッキーやドーナツなどのおやつにも隠れた名脇役として大活躍します。ぶんぶんクラブのページは「体を鍛えて健康特集」で、「スポーツクラブNAS札幌」「デジタルバッティングスタジアム スラッガーズ(札幌)」、「キロロリゾート(赤井川)」、「宮の森スポーツ倶楽部 岩見沢校」、「函館ダンスアカデミー七飯スタジオ」の5加盟店を紹介。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る