道新ポケットブック

※表紙をクリックすると読むことができます

道新ポケットブックとは?
  • 2019年5月号

    らくらく缶詰レシピ

    らくらく缶詰レシピ

    原料の風味や栄養がギュッと詰まった缶詰は、少しの手間で料理をおいしくしてくれる優秀食材です。下ごしらえが不要なので忙しいときも、そうでないときも大助かり。保存食として置いておくだけではもったいない、手軽で楽ちん、選ぶのも楽しい缶詰メニューを紹介します。道新ぶんぶんクラブのページは札幌の「中華市場 マンダリン・マーケット」、遠軽の「食品製造販売 白楊舎」の2店を紹介。

  • 2019年4月号

    かわいいクッキング

    かわいいクッキング

    近ごろ、見栄えのいい料理が大人気です。キャラ弁を作ったり、料理写真を会員交流サイト(SNS)に投稿したりする人も増えています。おいしく食べるのはもちろん、楽しく作り、あらゆる世代が目でも楽しむ時代といえるのかもしれません。本誌では、家族や友人から「かわいい」と言われるようなレシピを紹介します。毎日の食卓に、ホームパーティーに、出掛ける際の弁当に。親子で作ってみるのもいいですね。ぜひ試してみてください。道新ぶんぶんクラブのページは札幌の「手作り菓子 フォセットフィーユ」、深川の「ケーキの店 ボーダ」の2店を紹介。

  • 2019年3月号

    少ない油で仕上がる揚げ物

    米こうじで作る手作り甘酒活用レシピ

    甘酒は大きく分けて2種類あります。1つは日本酒の製造過程でできる搾りかすを使用して作る「酒かすの甘酒」で、もう1つはコメと水、米こうじを混ぜ、発酵させて作る「米こうじの甘酒」です。特に米こうじの甘酒は、アミノ酸やビタミンB群、ブドウ糖、食物繊維などいろいろな栄養素を含むことから「飲む点滴」ともいわれ、疲労回復や風邪予防などの効果が期待されています。本誌ではノンアルコールで砂糖不使用の米こうじの甘酒を使ったレシピを紹介します。

  • 2019年2月号

    少ない油で仕上がる揚げ物

    少ない油で仕上がる揚げ物

    調理後の油の処理がおっくうで、つい敬遠しがちな揚げ物。とはいえ、揚げたての食感や味わいは格別な上、家庭で作った料理はほっと気持ちが和みます。本誌ではフライパンを使って少量の油で揚げられるメニューや、残り油を使って作れる1品など、揚げ物料理のハードルがちょっと下がりそうなレシピを紹介。ごま油やオリーブ油で揚げるメニューのほか、おやつもあるので幅広い場面で活躍します。ぜひ試してみてください。ぶんぶんクラブのページは「クッキー&焼き菓子特集」。札幌の「ケーキハウス アルディ」、「エルドール」、赤平の「日高屋製菓」、函館の「チッチョ パスティッチョ」、旭川の「菓誌の森」の5店を紹介。

  • 2019年1月号

    食べやすい料理

    食べやすい料理

    かむ力や飲み込む力、味覚の低下など、年齢とともに起こる体の変化によって食事を十分にとれなくなることは、老化を加速させることにつながります。健康的な生活を続けるためにも食べやすくする工夫をして、バランスよく食べることが大切です。本誌のレシピは主にシニア世代が対象ですが、誰でもおいしく、楽しく、家族も一緒に食べることができます。特別な料理(介護食)を作るのではなく、ちょっと工夫を加えて食べやすくしたものです。専門家のアドバイスを参考に、手間と時間をできるだけ省き、食べる人はもちろん、作る人にも優しいレシピを毎日の献立に役立ててみてください。ぶんぶんクラブのページは「ゆとりの時間を過ごすカフェ特集」。長沼の「丘の上珈琲」、札幌の「宮田屋珈琲 清田本店」、鹿部の「自然の森・喫茶・夢紀行」、伊達の「自家焙煎 珈琲屋 ぶどうの木」、旭川の「自家焙煎珈琲専門店 B・BROWN」の5店を紹介。

  • 2018年12月号

    変身スイーツ

    変身スイーツ

    お菓子作りは多くの工程があり、時間がかかります。また、材料もいろいろ用意しなければなりません。それらを少しでも省けたら、もっと手軽に作れるようになるのではないでしょうか。本誌では、すでに完成している食品やパイシートなどの半製品を使ったお菓子作りを紹介します。思いがけないものが本格的な仕上がりになり、新しいおいしさに。ちょっと驚きで、かなり楽しい、名付けて「変身スイーツ」です。ぜひ、家族や友だちと一緒に作ってみてください。ぶんぶんクラブのページは「寒い季節の定番 鍋料理特集」。室蘭の「串揚・鍋物 はたの」、札幌の「牛屋 江戸八」、函館の「居酒屋 あーさん」、釧路の「鴨とり権兵衛」、北見の「四条ホルモン」の5店を紹介。

  • 2018年11月号

    レパートリーに加えたい 鍋レシピ

    レパートリーに加えたい 鍋レシピ

    冬は熱々の鍋が恋しくなる季節。いろいろな食材が一度に味わえて栄養バランスが良いだけでなく、簡単に出来上がるのが鍋の魅力です。でも、いつも同じ材料や味付けでマンネリになりがちなのが悩みの一つではないでしょうか。本誌では肉や魚、冬野菜、豆腐が主役の鍋をはじめ、家族や仲間が集うこれからの時季にうってつけのパーティー鍋など、いろいろな味を楽しめるレシピを集めました。ぶんぶんクラブのページは「しみじみおいしい お餅の店」。函館の「餅の北屋【五稜郭商店街】」、札幌の「萌えぎ屋」、深川の「ウロコダンゴの高橋商事」、名寄の「道の駅もち米の里☆なよろ お食事 風の寄り道」、帯広の「餅団子工房まる」の5店を紹介。

  • 2018年10月号

    優秀な伝統食品『のり』レシピ

    優秀な伝統食品『のり』レシピ

    おにぎり、すしほか、麺料理の薬味など昔から食卓に欠かせない「のり」。「海の野菜」とも呼ばれ、ビタミンやミネラルなどの栄養素が含まれており、口に入れると磯の香りと豊かなうま味をしっかりと感じることができます。贈ったり、贈られたりする機会も多いのり。おいしく使い切るためにも、のりが大活躍する料理を紹介します。ぶんぶんクラブのページは「街の写真館」。恵庭の「Photo House SENSE NAKAOKA」、釧路の「山口写真館」、佐呂間の「佐々木写真館」、遠軽の「マスイ写真館」、全道にある「スタジオ・アン」の5加盟店を紹介。

  • 2018年9月号

    手間をかけずにしっかりおいしい 麺つゆレシピ

    手間をかけずにしっかりおいしい 麺つゆレシピ

    料理の味付けに困ったら「とりあえず麺つゆ」がお勧め。しょうゆや砂糖、だしなどが入っていて基本となる味が出来上がっているから、麺料理はもちろん煮物や丼物などの味付けも簡単です。今号では手間をかけずおいしく仕上がる麺つゆレシピを紹介します。ぶんぶんクラブのページは「ペットと楽しむ暮らし」。札幌の「ドッグ・チェッカー」、倶知安の「独立棟 ログ貸別荘 アルバータロッジ」、登別の「トレーニングハウス DOG TALK」、室蘭の「ワンワンランド アリス」、新得の「あこペットホテル」の5加盟店を紹介。

  • 2018年8月号

    サカナと2品で まごわやさしい献立

    サカナと2品で まごわやさしい献立

    健康はバランスの良い食事から。「まごわやさしい」は、そのために覚えておきたいキーワードです。「ま」は豆、「ご」はごまというように、この7文字は7分野の食材の頭文字を並べたもの。「さ」は魚をはじめとする魚介類のため、本誌ではサカナ料理と2品で、「まごわやさしい」を網羅できる献立を紹介します。ぶんぶんクラブのページは「自転車を楽しもう」。旭川の「はたサイクル」、札幌の「中の島サイクル」、岩見沢の「有限会社 辰田商会」、苫小牧の「ハローサービス」、登別の「西垣じてんしゃ」の5加盟店を紹介。

  • 2018年7月号

    自分でできる 肩こり・腰痛ケア

    自分でできる 肩こり・腰痛ケア

    日本人の健康に関する悩みの第1・2位にあげられる「肩こり」「腰痛」。日常的になり過ぎていることから、改善を諦めている人も少なくありません。今や性別、年齢に関係なく「国民病」ともいえる肩こりと腰痛。その原因は生活習慣とも関連しています。今号では痛みが起こる仕組みから自分でできる改善方法までを詳しく紹介します。ぶんぶんクラブのページは「夏はやっぱり!アイス」で、上富良野の「深山峠アートパーク 深山アイス工房」、札幌の「GELATERIA Geream」、新ひだかの「みついし昆布株式会社」、士別の「COFFEE&ICE SHOPあいすくりん」、帯広の「広瀬牧場 ウエモンズハート」の5加盟店を紹介予定。

  • 2018年6月号

    言うことなしの実力派野菜 ブロッコリー

    言うことなしの実力派野菜 ブロッコリー

    北海道は国内生産量1位のブロッコリー王国。下ごしらえが簡単で彩りも良く、栄養が豊富な緑黄色野菜のサラブレッド的食材のブロッコリー。味にクセがなく他の素材とも相性が良いため、和洋中さまざまな味付けで楽しめるのも魅力のひとつです。栄養や保存方法、下ごしらえのコツをはじめ、ボリュームたっぷりなおかずやサラダなどバラエティー豊かなレシピの数々を紹介します。ぶんぶんクラブのページは「爽やかな季節! 農場・牧場を楽しもう」で、旭川の「上野ファーム NAYA cafe」、札幌の「洋食居酒屋 こころ」「アリコベール」、新得の「YORKSHIRE FARM」、大樹の「半田ファーム」の5加盟店を紹介予定。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る