豪華列車「ロイヤル」
北海道に初上陸

豪華観光ツアー列車「ザ・ロイヤルエクスプレス」が北海道に初上陸
海をイメージした青色の外観が特徴
東急が2017年からJR横浜駅-伊豆急下田駅間を中心に運行する。JR北海道が車両を借り受ける(先頭の黄色の車両はけん引用ディーゼル機関車)
7月21日早朝、本拠地の静岡県の伊東駅を出発して北上開始
2日後の23日未明に青函トンネルを通過。東室蘭で停車後、同日夜、札幌に到着した
8月28日から9月18日にかけ、3泊4日のツアーを計3回実施。料金は1人68万円から(今夏分のツアー申し込みは終了)
ツアーは札幌から北海道の東エリアを周遊。1回当たりの走行距離は約千キロに上る(バス移動も含む)

内装は天然の木材をふんだんに使用。細かな木を組む伝統工法の組子が用いられている

ステンドグラスが施され、優雅で温かみある車内をつくりだしている

プロ音楽家の生演奏を楽しめるのも魅力。バイオリニストの大迫淳英さんが毎回同乗する シェフやすし職人が乗り込み、北海道産食材を生かした料理を振る舞う
JR北海道は外国人観光客や国内シニア層などを取り込み、経営改善につなげたい考え
来夏も北海道内で運行予定。北海道産食材や音楽家の生演奏を堪能する時間は、鉄道旅の魅力を見直す好機になりそうだ
2020年8月7日公開
写真・動画
守屋裕之、富田茂樹(東京写真課)
伊丹恒(写真部)、加藤哲朗(釧路報道部)
高橋義英(北見報道部)、北波智史(帯広報道部)

編集
鰐渕小百合、池田大地、津田祐慈
(編集本部)