フォトランド HOKKAIDO 風

審査評  今回のテーマは「風」。風そのものは写し取ることができないので、題としては難しかったでしょうか。応募は51人の176点といつもより少なめでした。季節柄、こいのぼりと桜に題材を求めた作品が多かったです。
 1席「皐月風(さつきかぜ)に向かって」は200匹を超えるこいのぼりを掲げる十勝管内大樹町で撮影しました。会場の全景ではなく、少女の動きにポイントを絞ったので、主題がはっきりとした作品になりました。魚眼レンズを使い、至近距離で低い位置から撮影したので迫力満点です。手を上げた少女はこいを掲げているようにも見え、一陣の風が通り過ぎたかのような印象を受けました。
 2席「風薫る亜麻の花」は低速シャッターを生かして風を表現しました。作者によると、亜麻は草丈が高く、そよ風でも暴風のように写ってしまうこともあり、納得のいく作品にするまで多くのシャッターを切ったそうです。
 同「早くおいでよ、きれいだよ」は函館・五稜郭公園のひとこま。貸衣装の浴衣に身を包んだアジア人観光客に声をかけて撮影しました。傘を手に散りかけの桜に向かって駆け上がる姿がほほ笑ましいです。
 3席は3点です。「風の中の少女」はブランコで遊ぶ少女の姿を思い切り良くアップにしました。緑の背景になびく髪と表情に、春のさわやかさを感じました。
 「Wind」は力強いフォルムのオブジェが目を引きます。その下には帽子を押さえる人が―。作者によるとまったくの偶然だそうです。背景の雲の流れが風を感じさせます。
 「春風の祝福」は公園で結婚の記念写真を撮影中の女性に遭遇。そよ風にベールがなびいた瞬間をバランス良くとらえました。
(北海道新聞社写真部次長 野勢英樹)

2018年6月2日北海道新聞夕刊掲載

1席

「皐月風に向かって」鈴木佳夫さん=岩見沢市

「皐月風に向かって」
鈴木佳夫さん=岩見沢市

2席

「早くおいでよ、きれいだよ」佐々木美津子さん=函館市

「早くおいでよ、きれいだよ」
佐々木美津子さん=函館市

「風薫る亜麻の花」平野眞佐男さん=札幌市

「風薫る亜麻の花」
平野眞佐男さん=札幌市

3席

「風の中の少女」大場宏道さん=苫小牧市

「風の中の少女」
大場宏道さん=苫小牧市

「Wind」田村謙次さん=室蘭市

「Wind」
田村謙次さん=室蘭市

「春風の祝福」山崎久子さん=札幌市

「春風の祝福」
山崎久子さん=札幌市

佳作

「花吹雪」山内佳子さん=札幌市

「花吹雪」
山内佳子さん=札幌市

「一瞬の通過」吉藤義知さん=後志管内泊村

「一瞬の通過」
吉藤義知さん=後志管内泊村

「農作業開始」真田美代子さん=後志管内俱知安町

「農作業開始」
真田美代子さん=後志管内俱知安町

「Big flag」寺谷泰広さん=函館市

「Big flag」
寺谷泰広さん=函館市

「エネルギーミックス」菅原諭さん=室蘭市

「エネルギーミックス」
菅原諭さん=室蘭市

フォトランドHOKKAIDOのコンテンツ一覧

もっと見る

次回のテーマは・・・

いろどり

 次回、12月のテーマは「いろどり」です。何げない日常や自然から感じる季節感、偶然に出合った珍しい光景などを自由な発想で表現してください。


  • 応募点数は1人5点まで
  • 締め切りは11月14日必着
  • 12月1日の夕刊掲載

投稿規定

  • 投稿は、他のコンテスト、本紙の他のコーナーへの重複を(予定も含む)避けてください。
  • パソコンなどによる画像データの合成は不可です。被写体の肖像権には十分注意を払ってください。
  • 投稿方法はA4サイズ以下のカラープリントの郵送かメールに添付する画像データ(JPEG形式を推奨)の送信です。
  • 作品のタイトル、撮影の日時・場所を明記。撮影の状況や作品に込めた狙いなどを短文にまとめてください。
  • 投稿者の郵便番号、住所、氏名、年齢(紙面には原則掲載しません)、連絡用の電話番号も。
  • 郵送の宛先は〒060−8711(住所不要)、北海道新聞編集局写真部「フォトランド」係。
  • メールからの送信はこちらから。
  • 応募作品は返却しません。入賞作品は北海道新聞社のホームページなど電子媒体にも使わせていただきます。
  • 賞金は1席・5万円、2席・2万円、3席・1万円。
  • 応募は1人5点まで。
  • 問い合わせは写真部011・210・5644へ。
ページの先頭へ戻る