フォトランド HOKKAIDO それぞれの秋

フォトランド HOKKAIDO それぞれの秋

審査評  「それぞれの秋」をテーマにした「フォトランド HOKKAIDO」は、90人から263点の応募がありました。紅葉した木々が織り成す美しい風景や行楽を楽しむ人々など、秋の気配を印象的に写した作品が数多く寄せられました。
 1席の「帰ろう」は札幌の中島公園で撮影されました。池のほとりのベンチで語らう親子。家に帰るのでしょうか。男の子が立ち上がり歩き始めました。紅葉が映える水面に浮かんだシルエットが、親子のぬくもりと物語を感じさせるようです。
 2席のうち「朝の牧場」は北見市の牧場の風景です。雪がうっすらと積もった牧場に朝日が差し込み、幻想的です。15年前から30回ほど通い、初めて出合った光景。粘りが会心の作につながりました。
 「夢大きく」は北大構内のイチョウ並木で、記念写真を撮るためにジャンプする中国人観光客です。魚眼レンズで低い位置から撮影、楽しげな女性の笑顔からは歓声が聞こえてくるようです。
 3席は3点です。「RUN」は公園の落ち葉の中を歩く女性の足元です。軽やかに舞い上がる落ち葉に晩秋の風情が感じられます。
 「ぶら下がってごめんよ」は木の実をついばむ鳥を撮影。先客の鳥の羽をつかみ、ぶら下がったように見える瞬間を捉えました。
 「俺の収穫品」は家庭菜園で収穫したタマネギを前に満足そうな表情を浮かべる男性です。収穫の喜びが伝わってきます。
(北海道新聞社写真部次長 植村佳弘)

2016年12月3日北海道新聞夕刊掲載

1席

「帰ろう」伊藤博章さん=札幌市

「帰ろう」
伊藤博章さん=札幌市

2席

「朝の牧場」大鹿静彦さん=北見市

「朝の牧場」
大鹿静彦さん=北見市

「夢大きく」鈴木佳夫さん=岩見沢市

「夢大きく」
鈴木佳夫さん=岩見沢市

3席

「ぶら下がってごめんよ」長友逸郎さん=札幌市

「ぶら下がってごめんよ」
長友逸郎さん=札幌市

「RUN」寺谷泰広さん=函館市

「RUN」
寺谷泰広さん=函館市

「俺の収穫品」加藤憲秋さん=恵庭市

「俺の収穫品」
加藤憲秋さん=恵庭市

佳作

「山おやじの午睡」佐々はる香さん=札幌市

「山おやじの午睡」
佐々はる香さん=札幌市

「日の出デート」大戸瑠夏さん=札幌市

「日の出デート」
大戸瑠夏さん=札幌市

「紅葉狩り」真田美代子さん=後志管内倶知安町

「紅葉狩り」
真田美代子さん=後志管内倶知安町

「夕暮れ模様」田村謙次さん=室蘭市

「夕暮れ模様」
田村謙次さん=室蘭市

「落ち葉の季節」佐藤幹夫さん=苫小牧市

「落ち葉の季節」
佐藤幹夫さん=苫小牧市

フォトランドHOKKAIDOのコンテンツ一覧

もっと見る

次回のテーマは・・・

いろどり

 次回、12月のテーマは「いろどり」です。何げない日常や自然から感じる季節感、偶然に出合った珍しい光景などを自由な発想で表現してください。


  • 応募点数は1人5点まで
  • 締め切りは11月14日必着
  • 12月1日の夕刊掲載

投稿規定

  • 投稿は、他のコンテスト、本紙の他のコーナーへの重複を(予定も含む)避けてください。
  • パソコンなどによる画像データの合成は不可です。被写体の肖像権には十分注意を払ってください。
  • 投稿方法はA4サイズ以下のカラープリントの郵送かメールに添付する画像データ(JPEG形式を推奨)の送信です。
  • 作品のタイトル、撮影の日時・場所を明記。撮影の状況や作品に込めた狙いなどを短文にまとめてください。
  • 投稿者の郵便番号、住所、氏名、年齢(紙面には原則掲載しません)、連絡用の電話番号も。
  • 郵送の宛先は〒060−8711(住所不要)、北海道新聞編集局写真部「フォトランド」係。
  • メールからの送信はこちらから。
  • 応募作品は返却しません。入賞作品は北海道新聞社のホームページなど電子媒体にも使わせていただきます。
  • 賞金は1席・5万円、2席・2万円、3席・1万円。
  • 応募は1人5点まで。
  • 問い合わせは写真部011・210・5644へ。
ページの先頭へ戻る