フォトランド HOKKAIDO ある冬の日に

フォトランド HOKKAIDO ある冬の日に

審査評  「ある冬の日に」をテーマにした「フォトランド HOKKAIDO」は、82人から237点の応募がありました。動物や冬を楽しむ子供たち、雪や氷が織り成す美しい造形など、力作が多く寄せられました。
 1席の「いつまで降るの?」は函館市熱帯植物園で温泉につかるサルです。撮影中に急に寒くなり、大粒の雪が降りだしました。空を見上げ、雪がやむことを祈っているかのようなサルのまなざしとしぐさが印象的です。
 2席のうち「ウインドウ・アート」はホテルのガラスについた窓霜と窓氷を接写しました。菊地さんは北大名誉教授。雪の結晶の研究者らしい視線で、幻想的な作品に仕上げました。
 次に「凍(しば)れを楽しんで!」は「千歳・支笏湖氷濤(ひょうとう)まつり」のすべり台で遊ぶ子供たちです。ライトアップされた美しい氷の輝きから、子供たちの歓声が聞こえてくるようです。
 3席は3点です。「この道 いずこへ」は日没間近の美唄市の農道です。いてつく道の先に人々の暮らしを感じさせるような心象的な作品です。
 「風雪に耐えて」は函館市の山中で雪まみれになってたたずむフクロウです。厳しい寒さに耐えて生きる姿に生命の輝きを感じます。
 「かまくら重力波」は札幌市内のイベントで撮られました。魚眼レンズで撮影、光りが渦巻くような不思議な光景になりました。
(北海道新聞社写真部次長 植村佳弘)

2016年3月5日北海道新聞夕刊掲載

1席

「いつまで降るの?」保科俊一さん=函館市

「いつまで降るの?」
保科俊一さん=函館市

2席

「ウインドウ・アート」菊地勝弘さん=札幌市

「ウインドウ・アート」
菊地勝弘さん=札幌市

「凍(しば)れを楽しんで!」吉村登美子さん=千歳市

「凍(しば)れを楽しんで!」
吉村登美子さん=千歳市

3席

「この道 いずこへ」成田智志さん=江別市

「この道 いずこへ」
成田智志さん=江別市

「風雪に耐えて」山口健一さん=函館市

「風雪に耐えて」
山口健一さん=函館市

「かまくら重力波」袰田祥健さん=岩見沢市

「かまくら重力波」
袰田祥健さん=岩見沢市

佳作

「雪あそび」友広茂夫さん=岩見沢市

「雪あそび」
友広茂夫さん=岩見沢市

「K点を目指して」宮田芳明さん=札幌市

「K点を目指して」
宮田芳明さん=札幌市

「樹影駆ける」長島秀雄さん=札幌市

「樹影駆ける」
長島秀雄さん=札幌市

「のぞいてみたろ」浦田光子さん=札幌市

「のぞいてみたろ」
浦田光子さん=札幌市

「あたたかなひかり」東谷静香さん=札幌市

「あたたかなひかり」
東谷静香さん=札幌市

フォトランドHOKKAIDOのコンテンツ一覧

もっと見る

次回のテーマは・・・

いろどり

 次回、12月のテーマは「いろどり」です。何げない日常や自然から感じる季節感、偶然に出合った珍しい光景などを自由な発想で表現してください。


  • 応募点数は1人5点まで
  • 締め切りは11月14日必着
  • 12月1日の夕刊掲載

投稿規定

  • 投稿は、他のコンテスト、本紙の他のコーナーへの重複を(予定も含む)避けてください。
  • パソコンなどによる画像データの合成は不可です。被写体の肖像権には十分注意を払ってください。
  • 投稿方法はA4サイズ以下のカラープリントの郵送かメールに添付する画像データ(JPEG形式を推奨)の送信です。
  • 作品のタイトル、撮影の日時・場所を明記。撮影の状況や作品に込めた狙いなどを短文にまとめてください。
  • 投稿者の郵便番号、住所、氏名、年齢(紙面には原則掲載しません)、連絡用の電話番号も。
  • 郵送の宛先は〒060−8711(住所不要)、北海道新聞編集局写真部「フォトランド」係。
  • メールからの送信はこちらから。
  • 応募作品は返却しません。入賞作品は北海道新聞社のホームページなど電子媒体にも使わせていただきます。
  • 賞金は1席・5万円、2席・2万円、3席・1万円。
  • 応募は1人5点まで。
  • 問い合わせは写真部011・210・5644へ。
ページの先頭へ戻る