フォトランド HOKKAIDO 冬ほっこり

審査評  全国的には記録的な暖冬で、札幌でも1月までは少雪でした。ところが、雪まつりの時期から降雪が続き、例年と同じような冬景色に。それなりに寒く厳しい冬の中で、ほっこりと心が温まるような作品が寄せられました。
 1席「きゃー、こわい!!」。なんと楽しそうなそり遊びでしょう。まるで目の前で起きているかのような迫力を感じます。弾んだ赤いそりが雪山に映え、子どもの表情といい、動感といい、これ以上ない瞬間を捉えました。
 2席「仲良し!!」は夫婦での散歩中にハートの影を演出するなんて、雪も溶けてしまいそうなアツアツぶりです。形の良い樹木の影の間に自らを入れ、主題をはっきりとさせました。雪上に残る動物の足跡もアクセントになっています。
 同「いたわり」は、温泉につかる猿の親子。体は温かいのでしょうが、ぬれた体毛に雪が付き、冬の厳しさが分かります。子猿をいたわる親の優しいまなざし。モノクロにしたことで、表現に強さが増しました。
 3席「未来への誘い」は丸いイルミネーションが宇宙を感じさせます。手をつなぐ親子のシルエットが美しく、希望に向けた歩みに思えます。
 同「二人で何見てるの」は初詣のにぎわいが一段落した境内でのひとこま。小さな雪だるまがかわいらしく、新年らしい紅白の幕が彩りになりました。
 同「ホバリング」。凍った樹液をついばもうとするコガラを撮影しました。背景の柔らかな光が円形のボケとなり、羽の一部が虹色にも輝きました。
 2011年12月にスタートし、年4回にわたって掲載してきました「フォトランドHOKKAIDO」は、今回で終了します。読者のみなさんの熱心な応募に支えられ、美しく楽しい写真コーナーを続けられたことに感謝申し上げます。
(北海道新聞社写真部次長 野勢英樹)

2020年3月7日北海道新聞夕刊掲載

1席

「きゃー、こわい!!」
菊地勝弘さん=札幌市

2席

「仲良し!!」
米山宏さん=旭川市

「いたわり」
保科俊一さん=函館市

3席

「未来への誘い」
山崎久子さん=札幌市

「二人で何見てるの」
朝日均さん=札幌市

「ホバリング」
長友逸郎さん=札幌市

佳作

「ようこそ孫ちゃん」
吉田和子さん=札幌市

「あたたかい時間」
部田茜さん=室蘭市

「美味しそう!」
山神幸子さん=札幌市

「綺麗なの見つけたよ」
真田美代子さん=後志管内俱知安町

「初雪の朝」
加藤憲秋さん=恵庭市

フォトランドHOKKAIDOのコンテンツ一覧

もっと見る
PR
ページの先頭へ戻る