動画詳細

ウクライナの平和願う歌声響く 北海道合唱団が定期演奏会

(2022/06/30)
 札幌市北区の札幌サンプラザコンサートホールで6月26日、北海道合唱団(河地俊広団長)が3年ぶりに定期演奏会を開催した。ロシアの侵略を受けたウクライナに平和が訪れることを願って、作曲家の故なかにし礼さんが残した平和と核廃絶を求める曲「リメンバー」やウクライナの歌「キエフの鳥の歌」などを合唱した。平和を願うメッセージソングを歌い続ける北海道合唱団。1984年のソ連(当時)公演の歓迎会で演奏された曲を元団長の故木内宏治さんが訳詞、編曲した「キエフの鳥の歌」などを歌い上げた。
PR
ページの先頭へ戻る