動画詳細

<筋トレで体いきいき>流し台につかまり腕立て伏せ

(2022/06/26)
流し台や洗面台につかまって腕立て伏せの動作を行うことで、肩や腕の力を強くしていきましょう。流し台から40センチくらい離れた所に足を肩幅に広げて立ち、両腕を伸ばして流し台の縁につかまります。腕立て伏せの要領で、ゆっくりと肘を曲げて体全体を前傾させ、続いて肘を伸ばして元に戻します。体が前傾している時は、かかとが浮き爪先立ちになっても結構です。腕の力に不安がある人は、流し台と足の距離を少し短くすると楽にできます。1日5~10回を目標に、無理のない範囲で行ってみてください。
PR
ページの先頭へ戻る