動画詳細

<なるほどZOOめぐり>動物の健康管理

(2022/06/25)
札幌市円山動物園には、哺乳類から魚類まで150種類以上の動物がいます。その健康を管理するのが、飼育員と5人の獣医師です。動物は種類ごとに体のつくりや習性が異なり、それぞれなりやすい病気が全然ちがいます。病気の種類が多いことは、動物園での治療の難しさの一つです。治療が難しい理由は、もう一つあります。それは、動物たちが弱みを見せてくれないことです。よほどの体調不良でない限り、食欲や元気をなくしていたら野生では生き残れないでしょう。動物たちの不調を見抜き、適切に治療することが動物園獣医師の役目です。
PR
ページの先頭へ戻る