動画詳細

北海道暴風雪 ウトロは「陸の孤島」に<知床リポート>

(2022/01/12)
 北海道内は1月12日午前、発達した低気圧の影響で広い範囲で暴風雪となりました。斜里町の知床半島ウトロでは、11日からの一夜で雪が約35センチ積もり、積雪78cmとなっています。冬期間、北見方面へ抜ける唯一の道となる国道334号は、12日午前4時から9時までの5時間、吹雪のため閉鎖され、ウトロは「陸の孤島」となりました。例年のこの時期と比べ湿っていて、とても除雪がしづらい雪です。(知床ネイチャーオフィス)
PR
ページの先頭へ戻る