動画詳細

<おたる水族館 楽しい仲間たち>小樽のホタテ「おタテ」

(2021/11/18)
ホタテの貝柱、「閉殻筋(へいかくきん)」とも言うのですが、漢字のとおり貝殻を閉じるための筋肉です。ホタテの貝柱は他の貝よりとても大きいことはご存じかと思います。その理由は、ホタテは貝にしては珍しく水中を泳ぐことがあり、その際に貝殻を瞬間的に閉じるための役割があるからなのです。祝津ではホタテかごを使って養殖しています。このホタテかごには、エビやカニ、小魚など実にたくさんの生きものがすみつきます。生態系の視点から見れば、ホタテかごは流れ藻などと同じ「海のゆりかご」です。
PR
ページの先頭へ戻る