動画詳細

冬近し、牛舎へ帰ります 北見市営牧場、今季の放牧終了

(2021/11/02)
 本格的な冬を前に、北見市留辺蘂町の市営花園牧場で、預かっていた乳牛や肉牛をそれぞれの農家に返す退牧作業が行われた。同牧場は農家の負担軽減と、牛たちの足腰を鍛える目的で、毎年5月に牛を預かって放牧している。10月27日は農家らが、残っていた127頭を縄で引っ張ったり尻を押したりして、次々とトラックに積み込んだ。今年は干ばつの影響で餌となる牧草が伸びず、牧場の指定管理者「花園牧野利用組合」は夏に牛を退牧させるか頭を悩ませたという。
PR
ページの先頭へ戻る