動画詳細

巨大なごちそう、ヒグマモグモグ 知床半島にクジラ漂着 マス遡上少ない秋、助かった? 

(2021/09/24)
斜里町の知床半島にクジラの死骸が打ち上げられ、ヒグマが食べている姿が23日に確認された。羅臼町の相泊漁港を出発した、ヒグマ観察を行うクルーズ船の乗客が撮影した。映像からクジラは10メートルを超える大きさで、ヒゲクジラの一種とみられる。乗船していた羅臼町の桜井憲二さんによると、親子グマ3頭と雄1頭がそれぞれ海岸に来て、爪でクジラの皮をはがして食べていた。桜井さんは「マスの遡上が少なく、エサの確保に苦労しているクマが多いと聞く。この時期に栄養をつければ冬眠に間に合うのでは」と話した。
PR
ページの先頭へ戻る