動画詳細

北見にスポーツ選手専用の合宿施設開業 「道内一の施設に」

(2021/07/30)
 スポーツ選手専用の合宿施設「北見アスリートステイズ」が7月30日、北見ハイテクパーク内に開業し、内覧会が開かれた。辻直孝市長や北見商工会議所の舛川誠会頭ら関係者が出席し、施設を運営する市内の不動産賃貸業「ライズレイン」の岩崎雅人社長が案内した。カーリング選手が共同生活できる6人部屋やランニングマシーンなどを備えたトレーニングルーム、カフェテリアなどを公開した。鉄骨造り、地上4階、地下1階建てで、全29室。カーリング場や陸上競技場にも近い。岩崎社長は「道内一の合宿施設を目指す」と意気込む。
PR
ページの先頭へ戻る