動画詳細

<オホーツクの林業者>中 河原崎達さん(34)=河原崎林業(美幌)

(2021/04/07)
 「かつては3K(きつい、汚い、危険)のイメージが先行していた業界ですが、うちの会社だと作業の約9割が機械によるものが占めます。機械によって生産性の向上と省力化を同時に進めています」。祖父の代から続く美幌町の河原崎林業。河原崎達さんは美幌高卒業後に入社し、今年で16年目だ。現在は代表取締役として20~60代の従業員6人を率いる。仕事場には伐採期や造材機などがずらり。重機が扱える人材は重宝され、建設業界からの転職者も相次いでいる。ここ数年、林業従事者数は微増傾向だ。「特に若い人に定着して欲しい」
PR
ページの先頭へ戻る