動画詳細

豊平川河川敷を快走 月例ラン初回、56人が春風を切る

(2021/04/06)
 豊平川河川敷でランニングを楽しむ「豊平川月例ラン」が初めて開かれた。札幌や江別などの7~82歳の市民56人が参加し、せせらぎを聞きながら、春風を切って駆け抜けた。札幌のランニング愛好家団体が、同じコースと距離を毎月走って体力づくりを図ろうと企画。種目は10キロ、5キロ、2キロの個人と親子の部で、初回は4日に開かれた。参加者は南大橋(中央区南9西1)の豊平川左岸の河川敷を起点にそれぞれのペースで走った。本年度は隔月の開催で、6月6日、8月29日、10月17日にも行う。
PR
ページの先頭へ戻る