動画詳細

思い出詰まった日高線 営業最終日 ファンら集まり懐かしむ

(2021/03/31)
 4月1日で廃止・バス転換されるJR日高線鵡川―様似間(116キロ)は3月31日、最終日を迎え、大勢の鉄道ファンや近隣住民らが各町の駅などに詰めかけた。静内駅を訪れた兵庫県西宮市の鉄道マニア板橋利喜造さん(73)は「列車から牧場や海岸、美しい夕日など道内屈指の景色が見られる。いてもたっても居られなくて駆けつけた」と残念がった。札幌から車で様似駅に来た田村毅さん(79)は「海岸と線路が一体となっている風景は道内でも珍しく、廃線は残念」と話した。
PR
ページの先頭へ戻る