動画詳細

段ボールそり、行きます! 幕別で大会 デザインや速さ競う

(2021/02/22)
段ボール製の自作そりでゲレンデを滑り、デザインやスピードを競う「第38回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が21日、町内の忠類白銀台スキー場で開かれた。晴天の下、参加者は個性あふれるそりでゴールを目指した。  十勝管内を中心に道内17チーム計158人が参加。自作のそりに1人から十数人が乗り込み、約150メートルのコースを滑走し、デザイン審査とタイム計測を行った。
PR
ページの先頭へ戻る