動画詳細

JR新車両「ラベンダー編成」札幌に到着 本州の大雪で約半月遅れ

(2021/02/04)
 JR北海道が新造した観光列車「ラベンダー編成」5両が2月4日朝、車両製造工場がある神戸市から札幌市内に回送された。大雪の影響で約半月遅れての到着となった。ラベンダー編成は落ち着いた紫色。回送中に機関車の排煙や油で汚れないよう、先頭車を中間で向かい合うように連結した。列車は1月中旬に神戸を出発する予定だったが、本州の大雪で今月2日に出発した。JRは観光需要を掘り起こすため、昨秋以降、ピンク色を基調とした「はまなす編成」を道内各路線で運行している。ラベンダー編成は4月から臨時特急などに使われる予定。
PR
ページの先頭へ戻る