動画詳細

越冬キャベツごろごろ 掘り出し作業ピーク 和寒

(2021/01/21)
 収穫後、雪の下でじっくりと寝かせる和寒町特産の「越冬キャベツ」の掘り出し作業が最盛期を迎えている。例年、10月下旬~11月上旬に刈り取ったキャベツを畑に並べて雪の中で貯蔵。雪の下は適度な温度と湿度が保たれ、甘みとうま味を蓄えたみずみずしい越冬キャベツになる。和寒キャベツ部会の小野田稔幸部会長は1月21日、ショベルカーで深さ1.2メートルほどの雪をよけ、妻の美晴さんと手作業でキャベツをトラクターに載せた。町内での掘り出し作業は3月まで続き、札幌や旭川に出荷されるほか、地元スーパーでも販売される。
PR
ページの先頭へ戻る