動画詳細

北海道神宮でどんど焼き 無病息災祈る

(2021/01/14)
 正月飾りを炊き上げ、無病息災や家内安全などを願う「古神札(こしんさつ)焼納祭」(どんど焼き)が1月14日、札幌市中央区の北海道神宮で行われ、訪れた市民が燃えさかる炎に飾りを投げ入れ、今年1年の健康を祈った。今年は新型コロナウイルス感染予防のため、同神宮は参拝を控えるように呼びかけており、例年より参拝者の姿は少なかった。午前10時に神職がおはらいした後、市民から事前に持ち込まれたしめ縄やお守りなどにたいまつで点火。パチパチと音を立てながら炎が上がった。
PR
ページの先頭へ戻る