動画詳細

雨でも楽しい初滑り 黒岳スキー場 道内トップ切りオープン

(2020/11/19)
 上川町層雲峡の黒岳スキー場が11月19日、道内のトップを切って今季の営業を始めた。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今季はスキー場内で感染防止策を徹底。雨が降るあいにくの天気だったが、待ちわびたスキーヤーやスノーボーダーが初滑りを楽しんだ。開業は雪不足で当初予定していた14日より遅れたが、例年並みで、昨年より3日早いという。同スキー場によると、19日朝の積雪は約100センチとなった。今季は密閉、密集、密接の「3密」を避けるため、黒岳ロープウェイのゴンドラの定員を半数の50人で運行している。
PR
ページの先頭へ戻る