動画詳細

津波来たら高台へ逃げろ 白糠中で避難訓練し専門家が講演

(2020/10/29)
 白糠町の白糠中は10月28日、防災学習の一環で、巨大地震の発生を想定した避難訓練を行った。北大広域複合災害研究センターの岡田成幸特任教授による講演も行われ、生徒は日頃の備えの大切さを学んだ。避難訓練は釧路沖で巨大地震が発生し、津波警報が発令されたとの想定で抜き打ちで実施。1~3年生の80人が校舎から800メートルほど離れた高台まで避難した。訓練後、白糠中体育館で行われた講演で、岡田特任教授は「防災対策は意識しないと忘れ去られる。みんなで重要性を理解しなければならない」と訴えた。
PR
ページの先頭へ戻る