動画詳細

タヌキの赤ちゃん5匹保護 おびひろ動物園ですくすく

(2020/07/03)
おびひろ動物園が、芽室町で見つかったエゾタヌキの赤ちゃん5匹を保護し、育てている。飼育員らがミルクなどを与えており、順調なら8月ごろに動物舎に移し一般公開できるという。同園のエゾタヌキは計6匹となった。5匹は5月30日、芽室町の林で大けがをした雄の親タヌキと共に同園に持ち込まれた。親は死んだが、5匹の赤ちゃんは元気で、同園は鳥獣保護を所管する十勝総合振興局に連絡し、引き取った。保護時点で生後10日ほどとみられる。同園のエゾタヌキは3月に雄の「シロ」が死んでから雌の「あん」(8歳)1匹だけだった。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る