動画詳細

青春のD51 大事に磨く 遠軽 国鉄・JRのOBが清掃

(2020/06/29)
 旧国鉄やJRの退職者でつくるJR労組遠軽支部OB会(高橋登美男会長)は6月27日、遠軽町の瞰望岩(がんぼういわ)下の公設グラウンドに保存されている蒸気機関車(SL)の清掃を行った。毎年5、9月に実施しているが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、延期していた。SLは、最も台数が多く「デゴイチ」の愛称で親しまれたD51。1972年まで国鉄石北本線で活躍した。この日は、遠軽機関区で勤務した70代の15人が参加。灯油を染みこませたモップや雑巾で車体を磨くなどして、丁寧に汚れを落とした。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る