動画詳細

藤井七段、王位挑戦者に 棋聖とダブルタイトル戦

(2020/06/23)
 将棋の第61期王位戦(北海道新聞社主催)の挑戦者決定戦が6月23日、東京都渋谷区の将棋会館で行われ、午後7時52分、先手番の藤井聡太七段(17)が永瀬拓矢二冠(27)=叡王、王座=に127手で勝ち、木村一基王位(47)への挑戦権を獲得した。藤井七段の王位挑戦は初めて。7番勝負は7月1日、愛知県豊橋市で開幕し、全国を転戦する。藤井七段は今月、棋聖戦で挑戦者となり、渡辺明棋聖(36)=棋王、王将=との5番勝負が進行中で、王位戦7番勝負とあわせ、並行して二つのタイトルに挑む。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る