動画詳細

藤井七段か永瀬二冠か 王位戦挑戦者決定戦始まる

(2020/06/23)
 将棋の第61期王位戦(北海道新聞主催)の挑戦者決定戦が6月23日午前10時、東京都渋谷区の将棋会館で始まった。史上最年少でのタイトル獲得を目指す藤井聡太七段(17)と、自身初の3冠を狙う永瀬拓矢二冠(27)=叡王、王座=が、昨年、最年長で初タイトルを奪取した木村一基王位(47)への挑戦権を懸けて戦う。今期の王位戦リーグは2カ月の中断を挟み、白組は藤井七段が、紅組は永瀬二冠が、いずれも全勝で優勝し決定戦に進んだ。振り駒で藤井七段が先手となり、初手を2六歩と指すと、得意戦法の「角換わり」に進めた。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る