動画詳細

黒紫の魅力 北大でクロユリ開花

(2020/05/22)
 北大(札幌市北区)のポプラ並木横の花木園で、作家・有島武郎ゆかりのクロユリが花開き、清楚(せいそ)な黒紫の花が市民の目を和ませている。北大構内にはかつてクロユリが群生し、英語教授だった有島を中心に結成された美術部は「黒百合会」と命名された。クロユリは次第に姿を消したが、2008年の黒百合会創立100周年を記念して部員やOBらが花木園に約700個の球根を植え、今でも20平方メートルほどで群生している。今年も5月中旬から開花し、直径3センチほどの小さな花が春の風に揺れる。見ごろは5月末ごろまで。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る