動画詳細

伊達の歴史読み解く ミュージアムで企画展

(2020/05/19)
だて歴史文化ミュージアムで企画展「多文化との出会い アイヌ民族と亘理伊達家中の関係秘話」が5月19日から始まる。昨年の「伊達150年」とは違う角度から、太古から人々の暮らしがあり、有珠場所があった伊達の歴史の成り立ちを浮かび上がらせる。旧石器から縄文時代の暮らしを示す石器類のほか、松前藩の下で箱館の商人和賀屋が有珠場所を運営し、にぎわっていたことを各種資料で解説。さらに戊辰戦争で敗れた亘理伊達家が移住し、先住の人々との関わりの中で開拓を進めた様子を小野潭(ふかし)の「開拓歴史画」などで紹介する。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る