動画詳細

春耕へ 農機ピカピカ 足寄の日農機製工

(2020/03/25)
 農耕シーズンを控え、鮮やかな赤とクリーム色に塗り分けられた真新しい農機がずらりと並ぶ。十勝管内足寄町の「日農機製工」が製造する中耕除草機(カルチベーター)「草刈るチ」だ。トラクターに取り付け、豆類やビートなどの畑で畝間や表土を中耕し、雑草も退治する。昨年9月から部品の加工を始め、組み立ては今がピーク。1日平均8台製造し、年間300台超を主に道内に出荷。間もなく畑で活躍する姿が見られそうだ。耕作面積が増える農家からの要望で、一度に畝間9列を耕せる新製品も今年から限定生産する。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る