動画詳細

新ゴンドラは窓広々 有珠山ロープウェイがリニューアル

(2020/03/17)
 壮瞥町の有珠山ロープウェイのゴンドラが32年ぶりに更新され、3月16日にリニューアルオープンした。新しいゴンドラはスイスのCWA社製で、客室のガラス部分が大きいのが特徴。山麓駅から山頂駅までの6分間は、噴煙を上げる昭和新山や洞爺湖など、空中から見事なパノラマが広がった。運営するワカサリゾートによると、最新型のゴンドラは長さ7.7メートル、横幅2.67メートル、高さ2.76メートル。定員96人で従来より10人減ったが、ガラス面が格段に大きくなり、景観が楽しみやすくなった。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る