動画詳細

東京五輪マラソン コース紹介

(2020/01/21)
 2020年8月に札幌で行われる東京五輪のマラソン競技。北海道マラソンをベースに、スタート地点の大通公園を周回後、前半は市中心部約20キロを1周し、後半に前半の北側半分の約10キロを2周する変則的な3周コースです。鳥の目線でコースと見どころを紹介します。  前半のコースは、さっぽろテレビ塔を背にして大通公園(中央区大通西4付近)をスタート。大通西10付近までの公園外周を2周した後、ススキノ方面を南下してから反時計回りに市内を北上。北大キャンパスや道庁赤れんが庁舎など札幌の名所を通り、庁舎近くの札幌市北3条広場(アカプラ)を抜けて、札幌駅前通に出ます。後半は、前半の約20キロコースの北側となる約10キロを2周し、ゴールの大通公園に戻ります。
PR
ページの先頭へ戻る