動画詳細

十勝牧場で恒例「馬追い」 雪煙上げ 迫力の走り

(2020/01/21)
繁殖や品種改良を行う音更町の家畜改良センター十勝牧場で農用馬の冬の運動不足を解消する「馬追い」が1月20日、始まった。雪不足のため予定より1週間遅れての開始となったが、初日は降雪に恵まれ、馬たちは雪煙を巻き上げながら迫力の走りを見せた。1トンを超える妊娠馬の難産予防や馬のストレス解消などが目的。運動場は1周800メートルで、走路上の積雪が少ないと、転倒や馬の脚への負担増大などでけがのリスクが高まるが、20日午前には降り始めから10センチほど積もった。60頭が新雪の上で白い息を吐きながら3周した。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る