動画詳細

身近な材料で軽く強く 札幌で超軽量構造コンテスト

(2020/01/14)
 超軽量構造物の設計製作を競う「スーパーライトストラクチャーコンテスト」が1月11日、札幌市民交流プラザ(中央区北1西1)で行われた。日本建築構造技術者協会北海道支部が法人化30周年を記念し開いた「けんちくこうぞう展」内のイベント。課題は「1キロの荷重に耐えられる1メートルの橋」で、形状や素材は自由。書類審査により29作品から9作品が選ばれ、参加者はおよそ50人の来場者の前でアイデア満点の作品を披露し競い合った。最優秀賞は北大の留学生コンビが木と糸で作成した「トリテント」で重量わずか22グラム。
PR
ページの先頭へ戻る