動画詳細

命はぐくむグラスツリー サケのふるさと千歳水族館

(2019/11/29)
 千歳市のサケのふるさと千歳水族館で、サケの卵をシャンパングラスに入れた「グラスツリー」が来館者を楽しませている。シャンパングラス55個が5段に積み上げられ、緑色の照明で輝いている。展示は12月25日まで。4年前から毎年クリスマスの時期に合わせて設置している。グラスには本物の受精卵が入り、展示中の卵は同10日ごろからふ化する予定。ふ化すると新たな卵に入れ替える。生まれた稚魚は館内で育てられ、千歳川に放流される。キリストならぬサケ生誕に立ち会えれば、良い年を迎えられそう。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る