動画詳細

巨大野球盤で熱戦 重度障害者らが体験 江別

(2019/11/20)
 5.2メートル四方の巨大野球盤の体験会が11月16日、江別市の札幌学院大で行われ、重度障害者らが大学生らとの息詰まる攻防を楽しんだ。北海高野球部OBの中村哲郎さん(51)=埼玉県在住=が「重い障害があっても野球を楽しんでほしい」と2年かけて作製した。1チーム9人で、ホームベースに置いた軽金属のボールをバネが動力の長さ約40センチのバットで打つ。バットを振るのに力はいらず、ボールの止まった位置で安打やアウトの結果を決めるルールはボードゲームと同じ。強化段ボールの組み立て式で持ち運びは簡単だ。
PR
ページの先頭へ戻る